味の特徴

飛騨高山の標高770mの山上で栽培しているトマトで、夏から秋にかけて旬を迎えます。昼と夜の寒暖差が大きく、濃厚な味のトマトが収穫できます。

トマトの味は、季節により変化していきます。トマトの味を通じて、飛騨高山の季節の移り変わりを感じていただけると、たいへんうれしく思います。

『はしり』(7月下旬頃から8月中旬頃)は、みずみずしく、さっぱりとしたトマト。

『さかり』(8月中旬頃から9月下旬頃)は、酸味と旨みのバランスが良いトマト。
8月中旬からはみずみずしさの中に旨みがある「夏味」で、9月下旬頃は旨みに甘みが加わった「秋味」になります。

『なごり』(10月初旬頃から下旬頃)は、甘みと旨味が強いトマト(色はオレンジ色に近くなります)。

また、本農園のトマトは、お客様から「昔ながらの味がする」、「トマトらしいトマト」などの感想をいただいています。

おいしいトマトの味わい方は『こちら』をご覧ください。

なお、味が変化する時期は、気温(特に夜温や最低気温)の関係から、毎年異なります。

そのため、これまでの平均的な目安としてご理解をいただければと思います。

販売時期

生の大玉トマトは7月下旬から10月下旬、生の加熱調理用トマトは8月中旬から10月中旬の発送を予定していますが、気温や降霜などの影響から、販売時期が変化します。ご了承いただきますようお願いいたします。

天候により収穫量が変わるため、発送希望日は約一週間程度の期間でご検討ください。

また、冷凍の加熱調理用トマトは、12月~2月の発送を予定しています。

数量限定のため、売り切れ次第終了とさせていただきます。

販売している商品の内容については『こちら』をご覧ください。

注文方法

朝早くから日が暮れるまで、畑にいるため、ご注文はFAX(留守電になっています)で送付していただきますよう、お願いいたします。

注文用紙は、「FAX注文書」のボタンから、ダウンロードしてお使いください。

発送は、代金振込みを確認した後が基本となりますので、ご了承ください。

また、ご注文にお答えできない場合もあります。その際には、こちらから連絡させていただきます。