自然環境

岐阜県の飛騨高山は昼夜の寒暖差を利用して、おいしいトマトを栽培している夏秋トマトの産地で、主に京阪神地区に出荷されています。

本農園(HASEGAWA~no!、ハセガワーノ)は標高770mの山の上に位置し、昼は太陽の日差しがたっぷりと降り注ぐため暑く、夜は真夏でも窓を開けていると風邪を引きそうになるくらいまで気温が下がるため、味が濃いおいしいトマトが収穫できます。

栽培方法

ハウスの天井部にビニールを張り、その周囲を防虫ネットで囲った「雨よけ方式」による、土耕栽培をしています。

トマトの根が健全な状態であれば、余分な肥料も不要になりますし、病気にかかりにくくなるため農薬の使用量を少なくすることができます。

そのため、安全・安心で健康的なトマトを皆様にお届けするためには、「根」を大切にすることが重要と考え、「土作り」にこだわりを持って栽培しています。

また、岐阜クリーン農業の基準に準拠した栽培を行い、受粉には「マルハナバチ」を活用しています。