商品のご案内

長谷川農園では、生食用トマトと調理用トマトを栽培しています。

大玉トマト」と「加熱調理用トマト」の販売を行っています。
「美味しかったから生で食べちゃった」とのお声を多くいただいていますが、ぜひ加熱して食べることもチャレンジして下さい。
今まで作ってきた料理がひと味変わり、加熱調理用トマトの魅力を発見してもらえるとうれしいです。

味の特徴

岐阜県 飛騨高山の標高770mの山上で栽培しているトマトで、夏から秋にかけて旬を迎えます。

昼と夜の寒暖差により濃厚な味のトマトが収穫でき、『飛騨高山HASEGAWA~no!-標高770m高冷地育ちの感動トマト-』として販売しています。

トマトの味は、季節により変化していきます。トマトの味を通じて、飛騨高山の季節の移り変わりを感じていただけると、たいへんうれしく思います。

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

はしり』(7月下旬頃から8月中旬頃)は、みずみずしく、さっぱりとしたトマト。

さかり』(8月中旬頃から9月下旬頃)は、酸味と旨みのバランスが良いトマト。
8月中旬からはみずみずしさの中に旨みがある「夏味」で、9月下旬頃は旨みに甘みが加わった「秋味」になります。

なごり』(10月初旬頃から下旬頃)は、甘みと旨味が強いトマト(色はオレンジ色に近くなります)。

また、本農園(HASEGAWA~no!、ハセガワーノ)のトマトは、お客様から「昔ながらの味がする」、「トマトらしいトマト」などの感想をいただいています。

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ 長谷川農園

おいしいトマトの味わい方は『こちら』をご覧ください。

なお、味が変化する時期は、気温(特に夜温や最低気温)の関係から、毎年異なります。そのため、これまでの平均的な目安としてご理解をいただければと思います。

販売時期

生の大玉トマトは7月下旬から10月下旬、生の加熱調理用トマトは8月中旬から10月中旬の発送を予定していますが、気温や降霜などの影響から、販売時期が変化します。
ご了承いただきますようお願いいたします。
天候により収穫量が変わるため、発送希望日は約一週間程度の期間でご検討ください。
また、冷凍の加熱調理用トマトは、12月~2月の発送を予定しています。
数量限定のため、売り切れ次第終了とさせていただきます。

販売している商品の内容については『こちら』をご覧ください。

-標高770m高冷地育ちの感動トマト-
飛騨高山 HASEGAWA~no!

岐阜県 飛騨高山の標高770mの山上で栽培しているトマトで、夏から秋にかけて旬を迎えます。
昼と夜の寒暖差により濃厚な味のトマトが収穫でき、『飛騨高山HASEGAWA~no!-標高770m高冷地育ちの感動トマト-』として販売しています。

加熱調理用トマト

HASEGAWA~no!(ハセガワーノ)で栽培している「加熱調理用トマト」を総称して【ほっとま】と呼びます。

Read more
大玉トマト

本農園で栽培した大玉トマトです。
昼と夜の寒暖差により、味が濃いおいしいトマトが収穫できます。

Read more
トマトBase

【ほっとま】のみを使い、味付けもせず、添加物も加えず作ったトマトピューレーです。

Read more