HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

加熱調理用トマト【ほっとま】のご案内

『ホットにすると激ウマ!、ホッとする味で、ほっとけない魅力が特徴のトマト』です。

HASEGAWA~no!(ハセガワーノ)で栽培している「加熱調理用トマト」を総称して【ほっとま】と呼びます。
サイズは、「大」、「中」、「小」の3種類になります。

大(写真左)40~60g/個
  • 甘く、すっきりした味
  • 細長い形が特徴
  • 皮が薄い
  • 種周りのゼリーが少ない
  • 煮込むと滑らかになり、コクがでる
  • 煮崩れしにくいく、焼く、煮る、炒めなど万能
  • おでんにも使えます
  • 輪切りをピザなどのトッピングや焼きそばに
  • 生食もおいしい(ケッカソースなど)
中(写真中央)20~30g/個
  • 甘みと酸味のバランスが絶妙
  • 果肉が厚く、ねっとりとした食感
  • 加熱すると味が激変し、旨みが引き立つ「感動の味」
  • 湯むきが簡単
  • 油との相性が良く、短時間で旨みが強いソースができる
  • 生果をレッシングに
  • 串焼きも絶品
  • めんつゆも合います
小(写真→)10~25g/個
  • 濃厚な甘さが特徴
  • 果肉が厚く、サクッとした食感
  • 甘さが欲しい料理に(ナポリタン、酢豚、甘酢あんかけなど)
  • 生果は食べるのが止められないおいしさ
  • 炙って皮をむき、軽く塩を振れば止まらないおいしさ

ほっとまの特徴

飛騨高山HASEGAWA~no!で栽培する加熱調理専用トマト『ほっとま』で、加熱することで濃厚な味が楽しめます(生で食べると「ぼやっと」した感じの味ですが、まずくはないと思います。お客様からは「生でも美味しかったので、そのまま食べちゃつた。」との感想もいただきます。でも、加熱すると味が大きく変化しますので、ぜひ加熱調理も試してみて下さい。)。

スーパーではあまり取り扱っていませんので、ぜひこの機会にお試しください。

夏場はサイズが大きめで料理に適した程良い酸味・甘みと旨みがあります、秋になるとサイズが小さくなりますが、旨みに加えて甘みが増します。
肉厚で皮がむきやすく、加熱により旨みが出てくる品種のため、料理と相性が抜群に良いです。

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

また、このトマトも追熟させて完熟状態(色が赤黒くなり、弾力がでてきます)にすることで、本来の味が引き出せると思います(口当たりはねっとりした感じになります)。

湯むきは、お湯を沸騰させた鍋に8~10秒間入れて煮た後、冷水にくぐらせます。ヘタの跡(茶色い丸い部分)に爪やスプーンの先で傷をつければ、手で握るだけで皮がむけます。

このトマトだけで本格的なトマト料理が簡単にできますが、他のソースやレトルト食品などに「ちょい足し」することで、簡単に料理がグレードアップできます。
また、抗酸化作用があるリコピンや旨み成分のグルタミン酸の含有量が多いと言われています。

加熱調理用トマトのおいしい食べ方は『こちら』をご覧ください。

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園これらのトマトは、写真のように種の周りのゼリー部が少なく、加熱しても水分が出にくいタイプです。
左側のトマトは「短時間で旨みたっぷりのソース」に、右側のトマトは加熱しても型崩れしにくいため「果肉感を生かした調理」ができ、切ってから煮込むと「滑らかでコクのあるソース」に変身します。

 

【ほっとま】は大・中・小の3種類があり、それぞれのトマトを組合わせた形でお送りします。収穫時期、トマトの状態(味の乗り方など)に応じて、加熱調理用トマト『ほっとま 大・中・小』を数種類を詰め合わせます。また、気象条件などから1種類になる場合もございます。ご了承頂きますようお願いいたします(種類のご指定も可能ですが、お待ち頂くこともあります)。

収穫時にヘタが取れてしまいますので、「ヘタが取れた状態」でのお届けになります。
また、商品の洗浄や拭き取りは行っていません。そのため、表面に白い汚れが付着していることがありますが、安全性に問題はありません。水道水で洗浄していただくようお願いいたします。

画像をアップロード

【冬季限定】冷凍加熱調理用トマト

生の加熱調理用トマトを脱気パック(1kg/パック)に入れて冷凍しました【冬季限定です】。
皮付きトマトを冷凍することで、ジューシーな風味が長期間維持できますし、食材を提供することで、お客様のお好みの調理法、味付けで楽しんでもらえると思います。