飛騨の冬は深い雪に閉ざされるため、残念ながらトマトを作ることができません。
しかし、冬でも夏の太陽に育まれた濃厚なトマトを楽しんでいただきたいとの想いから「冷凍トマト」を作っています。

「加熱調理用トマト」を脱気パックに入れて冷凍した商品で、「冬期限定販売」となります。

自然解凍には適しませんが、トマトの果肉が凍った状態で皮を剥き、そのまま加熱することにより、味、風味は生の状態とほとんど変わりません。食感は維持できませんが、ソースが素早くできたり、味が染みこみやすくなるというメリットがあり、料理の食材としては使いやすいと思います。

皮のむき方は、お湯を張った鍋やボウルにトマトを入れて10秒ほど混ぜて、手で握るだけです。
皮が割れていないときはヘタの跡にスプーンや爪で傷をつけてください。

収穫時にヘタが取れてしまいますので、「ヘタが付いていない状態」でのお届けになります。

調理用トマトを使ったレシピは『こちら』をご覧ください。