トマトに味が乗り始めました

上空に冷たい空気が入ってきたようで、「飛騨高山の夏」が戻ってきました。

そして最低気温も18度まで下がり、トマトに味も乗り始めています。
(青色棒の下端が最低最高気温を示し、左側が最低気温、右側が最高気温です。昼間は相変わらずの猛暑で、日陰でも37度まで上がりました)

明日から、予定通り、「ほっとま」と「大玉トマト」の販売を開始します。
「ほっとま」は、中・小が主体で、大が少ない状態での詰め合わせになります。

明日、箱詰めのイメージ写真を「かわら版」掲載し、2019年の販売をスタートします。