トマト・カルボナーラ

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

トマト・カルボナーラです。サッパリ系のカルボナーラになります。全卵を使い、クリームは入れていません。

塩味は濃いめの塩水で茹でたパスタと、カリカリになるまで焼いたベーコンのみです。

塩味が付きソースが絡んだ太麺のパスタを食べていると、時折、黒コショウのピリッとした辛さが味を引き締めてくれます。

また、ベーコンの香り・歯ごたえ・塩味、小さめの角切りニンニクの香りがアクセントになり、単調になりがちなカルボナーラが最後まで楽しめる一品になります。

パスタ、卵、チーズのバランスがポイントになりますので、今回は分量の目安を記載しています。

材料
  • 加熱調理用トマト(冷凍でも、生でもOKです):4~5個/1人分
  • ベーコン(切り5mm~10mm位に切ります):40g/1人分
  • ニンニク(2mm程度の角切り):1/2個/1人分
  • 全卵:MSサイズくらい(50g位)を1個/1人分
  • パルメザンチーズ(15~20g/1人分)
  • パスタ(太麺):80~90g/1人分
  • オリーブオイル(大さじ1~1.5杯/1人前)
  • 塩(ゆで汁1リットルに対して15g)
  • イタリアンパセリなど
作り方
  • オリーブオイルで、カリカリになるまでベーコンを炒めて取り出します。
  • 残った油に、ニンニクを入れて香りが出たら、トマトを入れて加熱します。
  • 鍋やフライパンを揺すったり、回しながらオイルとトマトを馴染ませます。
  • ドレッシング状(ソースの乳化)になったら火を止めます(トマトが固形で残っていてもOKです)。
  • パスタを茹で始めます。
  • ボウルに全卵、チーズ、黒コショウを入れて混ぜ合わせます(チーズと黒コショウは最後にも使いますので残しておいてください)。
  • パスタが茹で上がったら、ゆで汁を良く水を切って、少し置いておきます(表面の水分がなくなる程度)。
  • パスタを、ドレッシング状のトマトソースが入ったフライパンに投入してからめます(火は付けません)。
  • そこにボウルの中の卵液を入れて、絡めます(火は付けません)。
  • 卵液がシャバシャバなときは、中火で加熱して、鍋肌の卵液が固まり始めたら、火を消してスパチュラなどでこそぎ落としながら混ぜます。
  • これを繰り返して好みの「とろみ」の一歩手前になったら、皿に盛ります。
  • カリカリベーコンをのせて、チーズを振り、多めの超粗挽き黒コショウをかけます。
  • 彩りを添えたら完成です。