ポークカツレツのほっとまソース

HASEGAWA-no hasegawa-no ハセガワーノ ほっとま 加熱調理用トマト 長谷川農園

ポークカツレツを『ほっとま(大・中)』を使ったソースでいただく一品です。

カツレツは肉を薄くして、細かいパン粉をつけて多めの油で焼くので、とんかつに比べて油はねや油の後処理を気にせず、短時間で作れると思います。

ソースは、『ほっとま(中)』で作ったソースに、『ほっとま(大)』を入れたもので、常温で使います。

豚肉と『ほっとま』の旨みが絡みつき、サッパリと美味しくいただけます。

材料
  • 豚肉(とんかつ用)
  • 加熱調理用トマト『ほっとま(大・中)』大:中=1:1位
  • レモンバジル(バジルなどの香草にお酢やビネガーを加えてもOKです)
  • サラダ油またはオリーブオイル
  • バター
  • 塩、コショウ
  • 小麦粉
  • パン粉(普通のパン粉を手を合わせてすりあわせ、細かくしておきます)
  • お好みでチーズ(パン粉に混ぜてつかいます)
作り方
  1. 『ほっとま(中)』を湯むきし、細かく切り、オリーブオイルで炒めてとろっとしたソースにします(他の料理とかで作り置いて冷蔵・冷凍保存しておいたソースが使えます)。
  2. 豚肉の筋を切り、余計な脂身をカットしたら、ビール瓶などでたたいて薄くのばし、塩コショウをします。
  3. 薄くのばした豚肉に小麦粉をまぶしたら、卵液につけ、パン粉を表面にまんべんなくつけます。
  4. パン粉の上から包丁の背を使って、斜めの格子状に凹みをつけます(飾り)。
  5. フライパンに油とバター入れて、火にかけてバターが泡だったら格子の模様が付いた方を下にしてを焼きます。
  6. 最初に作ったソースに、レモンバジルのみじん切りとさいの目切りした『ほっとま(大)』を入れて混ぜ合わせればほっとまソースの出来上がりです。レモンバジルが手に入らないときは、バジル・イタリアンパセリにレモン汁を加えてもOKです。
  7. 表面に茶色い焦げ目が付いたら、裏返して火を弱めます。
  8. 油が多いようでしたら、キッチンペーパーなどで吸い取ってください。
  9. 肉が焼き上がったら、油を切り、ほっとまソースをかければ出来上がりです。